トレインハラスメントとかいう会話について

何か昨今、トレインハラスメントという文句が一部で出ているらしき。
こういう文句のうま味はこうらしき。

「女性専用電車に乗り込んです男性が、一切電車への動きを促すツーリストや駅員を嚇ししたり追い回したりして、ツーリストのご苦労やパニックを煽り、
その見かけを盗撮したり、インターネットブログやSNSに皮肉を釈明するような作文を載せたりやる対応」

との仕事場。
しかし、こういう文句を見てもなかなかそんな本質という風に受取るのは無性に胡散臭いのではないか?
どうして、このような訳が生じるのか?そのほかのJRでの差し障り対応などが出てこないのか?
そこが皆目思い付か。 あまりに限界が小さくてほかの方々のことを考えていないのではないだろうかという違和感しか感じなかっただ。

例えばJRで大声を上げたり、揉め事になったり、臭いを出していたりなどなど 色々な差し障り対応があるのにどうして、こういう対応だけを指し示すのか?
確かに騒ぎ立てる一部の集まりがお断りというのは聞き取れるのだけど、それをもってして女性専用電車の仕事場のみをさすのはいいのだろうか。
本来はこういう電車は誰でも乗れるという仕事場。 しかし、その様相とは異なる実態制御が苦しみにもなっている。

こういったおかしな境遇を無視して、これというのは決して面白いなあとしか感じなかった。ミュゼ 予約変更 ログイン