自分が晴れ女じゃないかと感じた出来事について

ここ数年、旅行の日程を事前に計画しても当日の予報では雨のことが多く必要な荷物に折り畳み傘が増えました。
荷物にならないサイズと言っても重さはあり、雨降りでは観光がしづらいのが本音です。ところが朝から夜まで雨の予報でも旅行当日には青空が見えて、観光中だけは雨が上がることが殆どです。
実質、雨に降られたのは観光地に赴くまでとホテルに戻るまでの僅かな時間だったので、濡れることなく快適に旅行を満喫できて良かったです。
降水確率も90パーセントのはずが晴れてしまうのは、幸運過ぎると思いますが旅行では写真を撮ることも多いため晴れてくれるのは有難いです。
1度であれば運が良かったと思う程度ですが、同じことが1度あれば2度、3度と続くことがあり自分が晴れ女ではないかと感じるようになりました。
悪いことではなく良いことが続くので嬉しいですし、一緒に旅行に行く友人や家族達に晴れ女の私が一緒に居てくれて良かったと言われると満更ではなくなります。アリシアクリニック 17箇所